名古屋市中区大須 ドライヘッドスパ(頭のほぐし専門店)

ドライヘッドスパに使う椅子はどんなのが良い?

目次

①ドライヘッドスパに使う椅子はどんなのが良い?
②当店の椅子を紹介
③ドライヘッドスパで使う理想の椅子

 

 

 

①ドライヘッドスパに使う椅子はどんなのが良い?

 

名古屋市中区大須にあるドライヘッドスパ専門店「ヘッドミント」オーナーの堀田です。

 

ドライヘッドスパをやるにあたって施術者として最も気を使うものの一つとしてどのような椅子やベットを使うのか?という点があります。

 

店内の雰囲気や内装も重要ではありますが、施術中は目を閉じる事が一般的なので、実際にお客様がリラックスできるかどうかは、どの椅子やベットを使うかによって決まると言っても過言ではありません。

 

ドライヘッドスパ専門店では一般的に「リクライニングチェア」が使用されます。

 

ボディケアがメインのお店だとドライヘッドスパでもベットを使うケースも多いですね。

 

ただ、リクライニングチェアでもピンキリで、電動なのか手動なのか、フットが有るのか無いのかという点でも全然違います。

 

私も競合調査で、たまに他のドライヘッドスパ専門店に行く事がありますが、やっぱりリクライニングチェアがしっかりしたものでないと包み込まれる様な感じがない為、最大限のパフォーマンスが出来ません。

 

 

 

②当店の椅子を紹介

 

当店(ヘッドミント)の場合は、上記の4万円程の電動リクライニングチェアです。

 

内装もあってか、お客様が座った瞬間にこの椅子どのくらいするんですか?と聞かれる事がありますが、4万ぐらいですよ!というと驚かれます。

 

この電動リクライニングチェアの良いところは、後頭部が接する部分のクッション性が良く、かなり沈み込みます。
お客様から見て、上からの指圧をしても下からの圧が無い為、適度に気持ちの良い施術が出来ます。

 

それからコンパクトというのが一番メリットでした。

 

横幅が決められていたので、良い商品を買おうとしても搬入のサイズ的な問題で入らない可能性があったので、そもそもこの製品しか選択肢がなかったんですけどね。

 

ドライヘッドスパで最も有名なお店である「悟空のきもち」が使っているリクライニングチェアだと、手動でフット別の安いやつなので、ドライヘッドスパ専門店で10万以上する高級リクライニングチェアを使っているお店はほとんどないでしょう。

 

 

 

③ドライヘッドスパで使う理想の椅子

 

やっぱりドライヘッドスパ専門店で使う椅子としては電動リクライニングチェアである事は必須だと思います。

 

手動だと、最初にガクンとくる感じと体勢の安定感があまりありません

 

それから、頭が接する部分のクッション性も必須です。
たまにクッションの沈み方があまいチェアがありますが、手技によっては不快になる可能性があります。

 

また、フルフラットに出来る事も重要だと思います。
私の場合、少しでも上体が斜めになっていると熟睡できず、途中で起きてしまいます。
当店の椅子はフルフラットにならないので、この点がデメリットでしたね。

 

 

 

~関連記事~

名古屋市内のおすすめのドライヘッドスパ専門店は?

ドライヘッドスパとは?【普通のヘッドスパとの違い】

ヘッドマッサージとドライヘッドスパの違いは?

ドライヘッドスパの価格や金額の相場は?【個人店ほど高い!】

睡眠の健康効果【ドライヘッドスパで睡眠の質を改善?】

ドライヘッドスパ(ヘッドマッサージ)でリフトアップは可能?

ドライヘッドスパは偏頭痛に効果ある?【緊張型頭痛との違い】

ドライヘッドスパ(ヘッドマッサージ)は男性でも行きやすい?

ドライヘッドスパの効果は?【薄毛の育毛に最適?】

記事一覧

店名 ヘッドミント
住所 愛知県名古屋市中区大須3-26-41 堀田ビル
電話番号 052-898-2509
営業時間 12時~23時(最終受付は22時)
定休日 なし(年中無休)
内観
外観