名古屋市中区大須 ドライヘッドスパ(頭のほぐし専門店)

ドライヘッドスパ専門店のカウンセリングシートの項目や作り方

ドライヘッドスパ専門店のカウンセリングシートの項目や作り方

 

項目1 当店のご利用回数
項目2 来店のきっかけ
項目3 お酒を飲んでいるか
項目4 力の強さ
項目5 妊娠をしているかどうか
項目6 手や腕を施術する際のタオルの有無
項目7 触ってほしくない箇所
項目8 重点的に施術してほしい箇所
項目9 オプション(必要な人のみ)
項目10 同意事項

 

お客様がご来店された際、まず最初にカウンセリングシートをご記入していただいてから施術をおこなっていきます。

 

施術を行う前に、お客様の情報を集めることが大切です。

 

ヘッドミントのカウンセリング内容をお伝えしていきたいと思います。

 

 

項目1 当店のご利用回数

基本的にカウンセリングシートを書いて頂く前に、来店された事はあるか?
データで見ますが、初めてなのか2回目なのか分からない方の場合は、再度書いて頂いております。

 

 

項目2 来店のきっかけ

なにをみて来店されたのかを知ることで、どの媒体がどれだけ影響あるかわかります。
ネット予約が多くなってきましたのであまり活用はしていない項目ですが、チラシを見たという方も一定数要る為、欠かせません。

 

 

項目3 お酒を飲んでいるか

「飲んでいる」「飲んでいない」「飲む予定がある」など必ず確認は必要です。

飲んでいる場合は基本的には施術はNGですが、セラピスト判断で息が匂わなければOKにしても良いと言っております。

また、飲む予定がある方には、マッサージ後は血流が良くなっている状態なので酔いが回りやすくなるかもしれないことを伝えるようにします。

マッサージ後は外に老廃物を出す力が強くなるのと同時に吸収力もあがっていくので、できれは水をたくさんのんでアルコールは控えていただきたいですが、飲む場合はペースをゆるめていただくのをおすすめします。

 

 

項目4 力の強さ

「弱め」「標準」「強め」の中で選んでもらいますが、マッサージを始める前に実際に強さは確認していきます。

当店に限らず、ドライヘッドスパではクレームの大半が強さの加減でのクレームとなりますので、カウンセリング時に何処を強くするのか、何処を弱くするのか入念に聞きましょう。

施術中はお喋り厳禁なので、なるべく初めに把握しておきましょう。

 

 

項目5 妊娠をしているかどうか

安定期に入ってないお客様への施術は危険ですので必ず確認します。

たとえ安定期がすぎていても子宮を収縮してしまうツボもありますので避けて施術は行います。

 

 

項目6 手や腕を施術する際のタオルの有無

タオルが有りか無しかを確認します。

これはタッチング効果と言って、実際の医療現場でも使われており、素肌を合わせると安心する効果があります。

基本的には無しをおすすめしております。

 

 

項目7 触ってほしくない箇所

頭、顔、首、肩、デコルテ、腕、手の中で触ってほしくない箇所の確認は必ず行います。

 

 

項目8 重点的に施術してほしい箇所

頭、顔、首、肩、デコルテ、腕、手の中で特にお疲れの場所を確認して、重点的に施術していきます。

 

 

項目9 オプション(必要な人のみ)

今あるオプションは「炭酸スプレー」と「電気バリブラシ」ですが、カウンセリングシートに載せることで、カウンセリング時に追加してもらえる可能性があるので、単価がアップします。

なるべく分かり易く注目してもらえる様に大きめの文字で記載しましょう。

 

 

項目10 同意事項

お客様情報を得ることプラスでトラブルが起きないようにする為に必ず知っていただきたい承諾事項も記載しています。

「■施術中及び施術後の身体に何らかの異常が発生してもヘッドミントが民事・刑事その一切の責任を負わない事を了承し、当サロンに対する一切の請求を破棄します。」

当店では上記の文章を入れる事でリスク回避をしています。

 

 

 

カウンセリングシートを作る時のポイント

 

上記がヘッドミントで実際に使っているカウンセリング項目ですが、作る時にはもちろん気を付ける点があります。

 

 

1・なるべく1枚にまとめる

基本的にカウンセリングシートを書くという作業はお客様にとって負担となります。

リラクセーションに来たのにカウンセリング事項が多いと、お客様も疲れてしまいリピート率低下につながります。

ですので、優先順位の低い項目はなるべく削ってA4用紙1枚程に留めるのが良いです。

 

 

2・無駄な住所や氏名の記載もやめる

こちらも先程と同様にかなり負担となります。

これが電話予約や飛び込みであったら必要性はありますが、ホットペッパー等で情報が分かる場合は書かせる必要はないでしょう。

単価が高く付加価値やサービスで勝負するサロンであれば、住所を書かせて年賀状等のきめ細かなホスピタリティは有効ですが、単価の低いサロンは回転数が重要なので、カウンセリングが長くなってお客さんの滞在時間が増えてしまったら死活問題となりますので書かせない方がいいでしょう。

 

 

3・同意事項に法的効力はない

サロンオーナーが良く勘違いしがちですが、カウンセリング時に書かせた同意事項は、裁判になったら無効となります。

当店でも抑止力の為に書かせているのであって、裁判になっても勝てるという思いはありません。

先ほどの無駄な住所の記載もやめるという事も、これが理由です。

当サロンではもしお客様に損害を与えてしまった場合の為にリラクセーション保険に加入しています。

 

 

4・カウンセリング時にはコミュニケーションを取るように意識する

ドライヘッドスパではお客様と施術中のコミュニケーションが取れません。

最初のカウンセリングと最後のアフターカウンセリングで目一杯コミュニケーションは取りましょう!

これが出来ているのと出来ていないのとでは20%ぐらいリピート率が変わってきます。

 

 

 

ヘッドミント|ドライヘッドスパが名古屋で【70分3,980円】のTOPへ戻る

 

ドライヘッドスパのスクール生募集

 

日本ドライヘッドスパスクール協会

 

 

 

店名 ヘッドミント
住所 愛知県名古屋市中区大須3-26-41 堀田ビル
電話番号 052-898-2509
営業時間 11時~23時(最終受付は22時)
定休日 年中無休
内観
外観
動画

 

The following two tabs change content below.
「株式会社じむや」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」3社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。