名古屋市中区大須 ドライヘッドスパ(頭のほぐし専門店)

リラクゼーションサロンの2月は閑散期?【10%~20%は売上が落ちる】

目次

①リラクゼーションサロンの2月は閑散期?
②何故、2月は閑散期になる?
②-1 二八(にっぱち)
②-2 単純に寒いから
③テナント店で2月にやれることはないか?

 

 

 

①リラクゼーションサロンの2月は閑散期?

 

はい。閑散期です。

 

当サロンでいうと、大体20%ぐらい売上が落ちてます
どこのサロンに聞いても確実に売上が下がっていますね。

 

ホットペッパーやEPARKの担当に聞いても2月はそういうもんって事を言ってますね。

 

当サロンのお客様は地域の方よりも遠方から来ていただく方が圧倒的に多いですが、これは地域性によるので、全部のサロンに当てはまる訳ではないのですが、当サロンは名古屋の大須商店街の中にあり、必然的に大須商店街の景気に引っ張られます

 

なので、大須商店街が暇だとヘッドミントも暇になりますね。

 

一番ひどかったのが、2月中頃の平日がびっくりするぐらい暇で、通常時と比べてMax50%ダウンの日もありました。

 

ただ、それでも着地は黒字にはなると思います。

 

 

 

②何故、2月は閑散期になる?

 

漠然と2月が閑散期になると思って過ごしていては経営者として問題なので、閑散期になる理由というのを考えてみたいと思います。

 

たまに「2月が暇になるのはサボっていた証拠」「2月でも工夫次第で売上は飯盒!」というようなブログやコラムを書いている方がいらっしゃいますが、僕の見る限りそういった事が書いてあるサロンはほぼ個人店なので、ヘッドミントの様なオーナーである僕が全く施術に出ず、セラピストを雇っているというテナント店には当てはまらないと思います。

 

 

 

②-1 二八(にっぱち)

 

リラクゼーション業界にかかわらず、サービス業・小売業・飲食店に共通して閑散期と言われるのが「二八(にっぱち)」です。

 

これは8月と2月の閑散期を表した言葉です。

 

8月は一番暑い時期とお盆休みで人がいなくなるのが重なって売り上げが下がると言われておりますが、当サロンの場合は全く当てはまりません。

 

暑い時期は行動が活発になりますし、大須商店街はむしろ人が寄ってくる地域なので普通に繁忙期です。

 

2月は12月~1月までの何かと出費が出る時期の反動で閑散期になります

 

 

 

②-2 単純に寒いから

 

リラクゼーション業界の場合は色々理由をつけても一年で一番寒いからという理由が答えだと思っています。

 

寒い日はリラクゼーションを受けるより熱々のおでんでも食べてた方がリラクゼーション出来ますからね。

 

いくらか策を打とうが来ないものは来ないので、下手に広告を打ってもあんまり意味がありません。

 

 

 

③テナント店で2月にやれることはないか?

 

先ほど下手に広告を打っても来ないもの来ないと書きました。

 

なので、戦略を変える事が必要となります。

 

これが業務委託で回しているサロンであれば痛くも痒くもないと思いますが、全て固定給のスタッフで回している当サロンにとっては割とダメージがでかいのです。

 

当サロンでやっているのは「無料で施術しても良い方をどんどん呼ぶ」「普段は使わないクーポンを使う」「スクール事業に力をいれる」「スタッフの研修をする」という4点をやっています

 

「無料で施術しても良い方をどんどん呼ぶ」というのは所謂、インフルエンサーのインスタグラマーやyoutuber等ですが、登録者数の少ないインフルエンサーでも広告やMEO対策として効果的なので、無料で施術するので紹介してくれませんか?というアプローチをしています。

 

これが個人店であったら無駄に時間を使ってしまうだけなので、あまりおすすめは出来ませんが、テナント店であれば余っているスタッフの一人や二人いるはずです。

 

「普段は使わないクーポンを使う」というのは、グルーポンやルクサの様な旨味はないが予約が入るクーポン等です。

 

ホットペッパー等でクーポンを発行すると、元々の価格でも来たかったお客さんも値下げしてしまうので、グルーポンの方が良いでしょう。

 

「スクール事業に力をいれる」事をしていますが、実は2月や3月は習い事をされる方が多いのです。
4月から何かを始めるにあたって丁度いい時期なんですね。

 

当サロンでは「日本ドライヘッドスパスクール協会」というドライヘッドスパのスクールをやっているので、気になる方はお問い合わせください。

 

 

「スタッフの研修をする」のは誰しもが考えると思いますので、説明は省きます。

 

 

ドライヘッドスパのスクール生募集

 

名古屋の「日本ドライヘッドスパスクール協会」

 

 

 

店名 ヘッドミント
住所 愛知県名古屋市中区大須3-26-41 堀田ビル
電話番号 052-898-2509
営業時間 11時~23時(最終受付は22時)
定休日 年中無休
内観
外観
動画

 

The following two tabs change content below.
「株式会社じむや」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」3社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。