名古屋市中区大須 ドライヘッドスパ(頭のほぐし専門店)

小規模サロンでグル―ポンを使って後悔【評判が良くない理由】

目次

①小規模サロンでグル―ポンを使って後悔
②グルーポンの金額はサービスの低下を招いてしまう?
③グルーポンのクーポン消費のフローがダメ過ぎる

 

 

 

①小規模サロンでグル―ポンを使って後悔

 

名古屋市中区大須にあるドライヘッドスパ専門店「ヘッドミント」オーナーの堀田です。

 

当店(ヘッドミント)は2019年4月1日にオープンを致しまして、日に日にお客様が増えて行っており、「オープンして3週間でこのお客様の入りは凄い!」と同業の方から言われます。

 

しかし、「WEBサイトやホットペッパーでの集客」「飛び込み」「知人の来店」「ビラやポスティング」等、比較的出来る事はやってましたが、思っていた数の5分の1ぐらいしかお客様が来なかったのです。

 

同業の方からすれば、店舗経営でそんな早く結果が出るわけないじゃんと言われそうですが、それでも僕も店舗経営は初めてですが、7年間経営者として会社をやってましたので、1か月で黒字に出来ると思ったんですね(まだ一か月経ってはいませんが・・・)

 

スタートダッシュが思惑通りにならなかった4月5日に、クーポンサイト大手のグルーポンから営業電話が掛かってきました、その時にはLUXA[ルクサ]という別のクーポンサイトの掲載を50枚打ち出していましたので、仕組みもある程度分かっていましたので、すぐに契約しました。

 

でもこれが悪夢の始まりなんですね。

 

グルーポンで100枚のチケットを販売しましたが、ドライヘッドスパ専門店というのがないらしく、1週間で100枚完売しました。

 

その売れ行きのスピード感に従業員達と凄いじゃん!と喜んでいた束の間ですよ、グルーポンのお客様からの予約メールと電話のラッシュが到来して、パニックです。

 

施術中はもちろん電話に出られませんし、そうは言っても日に日に飛び込みとサイトからの来店も増えていますので、グルーポンを利用したお客様からの信頼はがた落ちですよね。

 

グルーポンで今のところ低評価が2つありまして、お客様には大変申し訳ないと思ってますね。

 

こんな事ならグルーポンやらなければ良かったと思ってます。

 

 

 

②グルーポンの金額はサービスの低下を招いてしまう?

 

グルーポンに限らず、大手のクーポンサイトは普段定価で出している金額の50%以下の価格でクーポンを発券しなくてはならず、更に売り上げの50%を手数料として持っていく流れになります。

 

ヘッドミントで言えば、60分コースの定価が6000円なので、3000円でクーポンを発券し、1500円の売り上げを持っていかれるという事になります。

 

そうすると当店の利益は1500円となります。
今流行りのドライヘッドスパ専門でこの利益しかなければ、どのサロンさんも手は出さないですよね~

 

僕も営業会社を持っているので、営業マンがどれくらい力を入れて営業しているかが分かりますが、どこのドライヘッドスパ専門店でも「グルーポンでは」使っていない もしくは 使っても一回きりだったので、かなりガチ目で営業してきましたね。

 

事実1週間で100枚完売はかなり早い方だと思います。

 

以前に、2011年にグルーポンから買ったおせち料理がスカスカで大炎上した事件がありましたが、今クーポンを販売している側に立って見るとサービスを低下させてしまう事は言語道断と思いつつも少し同情もしてしまいますね。

 

 

 

③グルーポンのクーポン消費のフローがダメ過ぎる

 

グルーポンを100枚売ってしまった事は当店の経営判断が間違っていたので、一人でもお客様を満足させられる様に精一杯の接客施術をさせて頂くのは当たり前ですが、一番後悔しているのは、グルーポンのクーポン消費のシステムがダメ過ぎというところです。

 

お客様は最初にクーポンをグルーポンで購入して頂いており、サービス受けた もしくは 商品を受け取った段階で提供店舗がクーポンの消費消込みをしなければいけません

 

その消込みをして、初めて提供店舗に入金がされるという仕組みです。

 

ただ、その消込みが「セキュリティーコード」と呼ばれる10桁のアルファベットと数字の混合コード(例「3A6XYVE45F」)でしかできず、名前や電話番号を聞いても消込みが出来ないのです。

 

電話だと数字の「9」とアルファベットの「Q」が間違えていて消込が出来ず、宙に浮いて入金されない金額が当店の場合5件ぐらいあります。

 

あとから、アプリのQRコードで読み取れるとか方法は聞かされましたが、結局のところそのセキュリティーコードが必須なので、めちゃくちゃやりずらいです。

 

一応、名前と電話番号さえ合ってればグルーポンサイドで消費はしてくれるみたいですが、わざわざ担当に連絡を取ってやりとりしないといけませんし、旧姓で使用されている女性も多数いたので、確実ではありませんよね。

 

他のクーポンサイトでも消込んでから入金というのは一緒ですが、名前とコードの一覧が出てたりするので簡単ですし、必要コードも3桁ぐらいです。

 

 

 

The following two tabs change content below.
「株式会社じむや」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」3社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。