名古屋市中区大須 ドライヘッドスパ(頭のほぐし専門店)

ドライヘッドスパのメリット・デメリットは?

目次

①洗髪なしの気軽なヘッドマッサージ
②仕事帰りに気楽に受けられるのがメリット
③洗髪をしたい人にはちょっと物足りない
④ドライヘッドスパはデメリットよりメリットのほうが大きい

 

 

 

①洗髪なしの気軽なヘッドマッサージ

名古屋大須のドライヘッドスパ専門店ヘッドミント

 

名古屋市中区大須にあるドライヘッドスパ専門店「ヘッドミント」オーナーの堀田です。

 

育毛サロンや理容室でヘッドマッサージを提供する店がありますが、それを専門に提供するのがドライヘッドスパです。

 

手技による頭皮マッサージを中心としており、洗髪をしないので気楽に利用できるのがメリットです。

 

うとうとするほど気持ちよいマッサージをじっくりと体験できるので、身も心もすっきりするでしょう。

 

疲労感やストレスは脳が認識する症状であり、脳をリフレッシュさせることで軽減することが可能です。

 

頭皮は非常に皮膚が張りやすい性質があるものの、普段動かすことはなかなかありません。

 

腕や脚は日常的によく動かしますが、頭皮を動かすという人はほとんどいないでしょう。

 

そのため、頭皮は少しずつ張って硬くなり、血流が悪くなってしまうのです。

 

ドライヘッドスパでは頭部だけでなく、首や肩などもほぐしてくれます。頭皮の血流が悪くなっているときは、首や肩周りも硬くなっていることが多いです。

 

これらの部位をまとめてほぐすことで、上半身がぐっと軽くなります

肩から上の動きが鈍くなってきたと感じる人は、ドライヘッドスパでほぐしましょう。施術中は最高のリラックスを実感でき、副交感神経が活発になります。

 

なんとなくイライラする人、たくさん寝ているのに疲れが抜けない人などはドライヘッドスパを受けてみる価値が十分にあるでしょう。

 

 

 

②仕事帰りに気楽に受けられるのがメリット

 

ドライヘッドスパは着替えをする必要がないことから、仕事帰りに利用する人も少なくありません

 

頭がぼーっとしている状態は脳が過度の疲労やストレスを溜め込んでいます。

 

特に休日前夜になると疲れがどっと出てくるという人は多いのではないでしょうか。ドライヘッドスパは頭皮のマッサージだけのため、施術前後にシャワーをする必要がありません。

 

終了後はそのまま帰宅できるので、忙しい人からも好評です。施術当日は睡眠の質が格段に良くなるという感想も多く聞かれます。

 

ドライヘッドスパでは医療器具は使用しないため、副作用の心配がないのもメリットです。

 

誰でも受けることができますし、その場で効果を実感できます。脳の疲れが解消した、目元がすっきりした、顔が小さくなったように感じるなどは多くの方が感じている効果です。

 

また、ドライヘッドスパは薄毛ケアとしても最適で、頭皮の正常化や血行促進のために役立ちます。頭皮が硬くなっている状態は血行不良により、毛根に栄養が届きにくい状態になっています。

 

育毛剤を3か月くらい使用しているのにまったく実感できない、抜け毛が多くて困っているといった人にもドライヘッドスパはおすすめです。

 

 

 

③洗髪をしたい人にはちょっと物足りない

 

通常のヘッドスパには洗髪が含まれており、毛穴に詰まった皮脂を綺麗にできます。

 

毎日のシャンプーだけで落としきれない皮脂を取り除き、毛穴を開かせるために役立ちます。特にオイリー肌の方は毛穴を詰まらせやすく、詰まることで育毛剤の浸透を妨げてしまいます。

 

ヘッドスパは育毛サロンの施術として行われており、抜け毛の減少や髪質改善のために有効です。

 

これに対し、ドライヘッドスパは洗髪をしてもらえないのがデメリットです。

 

特に頭皮がベタベタしている人は、手技によるマッサージだけでは物足りないと感じるかもしれません

 

日本人は皮脂分泌が多いため、頭皮を清潔にするために1日1回は洗髪するのが好ましいと言われています。

 

2日に1回では頭皮がベタベタして気持ち悪くなる人が多いでしょう。仕事帰りにドライヘッドスパを利用される人には、汗やニオイが気になるので行きにくいという人もいます。

 

特に仕事でヘルメットや帽子を着用する人だと、仕事帰りに立ち寄るのは抵抗があるかもしれません。受けるタイミングは考える必要があるでしょう。

 

 

 

④ドライヘッドスパはデメリットよりメリットのほうが大きい

 

頭皮がベタベタしている状態ではドライヘッドスパを受けるのに抵抗があるかもしれませんが、セラピストはまったく気にしていません

 

ヘッドスパと比べて洗髪を受けられない点をデメリットと考える人がいますが、施術前後に自宅で洗髪すれば問題ないでしょう。

 

デメリットよりメリットの方が圧倒的に大きいので、育毛サロンやヘッドスパに行くのはちょっと恥ずかしいという人に最適です。

 

頭皮が硬くなってくると抜け毛が増えたり、髪質が縮れたりすることが多く、このタイミングでドライヘッドスパを利用する人もいます。

 

ドライヘッドスパはリラクゼーションを追求しており、リフレッシュや疲労解消、薄毛予防などに役立ちます。

 

他にもリフトアップ作用があるので、顔のたるみ・むくみ対策にも最適です。

 

頭皮が張っているときは頭が重たく感じられたり、眼精疲労を招いたりすることが多いです。目の疲れから首こりや肩こりに進行することも多く、こうした症状を予防するためにもドライヘッドスパは適しています。

 

頭部を手技でほぐすことで健康維持や美容促進などを期待できます。頭皮が硬くなった状態を放置すると上半身全体の張り・こりを誘発することがあるので注意しましょう。

 

 

 

The following two tabs change content below.
「株式会社じむや」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」3社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。