名古屋市中区大須 ドライヘッドスパ(頭のほぐし専門店)

ドライヘッドスパ専門店でGoToトラベル「地域共通クーポン」の効果は?

目次

①そもそも地域共通クーポンとは?
②リラクゼーションサロンでGoToトラベル「地域共通クーポン」効果は?
③地域共通クーポンの取扱店舗になるには?

 

 

 

①そもそも地域共通クーポンとは?

 

 

地域共通クーポンとは、GoToトラベルキャンペーンで「その地域の宿泊施設を利用して止まった方」「旅行会社経由で旅行に北方」に配られる金券(紙だけじゃなく電子金券もあります)の事です。

 

旅行代金の15%にあたる額が上記の方に配られます。

 

利用できる店舗は、Go To トラベル事務局の登録を受けた店舗・施設に限られますので、どこの店舗でも使える金券ではありません。

 

 

 

②リラクゼーションサロンでGoToトラベル「地域共通クーポン」効果は?


 

結論から言います。効果抜群です。

 

リラクゼーションサロンの11月という時期は閑散期に入る時期で、一気に客数が減ります。

 

特に2020年11月という時期は、コロナ禍もあってサロン経営者が一番心配になる時期です。

 

この業界は2月が一番客足が遠のく季節ですが、その次が11月なんです。

 

マッサージサロンのお客様は気温の高低差に敏感で、急に寒くなると滅茶苦茶予約が減ります。

 

その為、2020年11月さえやっていける算段が付けばサロンは潰れる事はないのです。

 

その中での地域共通クーポンです。

 

店舗商売のオーナーからしたら恵みの雨でしかありませんよね。

 

ヘッドミントでは10月後半から取扱店となりましたが、約15日で12枚(12,000円)の地域共通クーポンが使われました。

 

という事は1日約1枚は使われているという事になり、閑散期でのこれはかなりありがたいです。

 

しかもまだ告知もしきれてない状態が一週間程ありましたので、11月に入ってからは1日2枚ぐらい使われています。

 

ただ、これがどこのリラクゼーションサロンでも同じぐらい使われるかと言ったらそうではありません。

 

ヘッドミントと他のサロンの違いが2つ程あります。

 

 

「HPに力を入れているのでPVが多く告知が効果的」

このホームページは1日500PVあります。
大須のリラクゼーションサロンを探すと高確率でヘッドミントがヒットします。

リラクゼーションサロンではかなり多く、告知の効果が高いのです。

 

 

「大須商店街にど真ん中にある」

大須商店街は東海地方でNO1の商店街と言われております。

しかし、リラクゼーションサロンには不遇の地と言われており、有名どころはことごとく撤退し、大須商店街にあるそれなりのサロンはヘッドミントしかありません。

その為、旅行者が多いのにリラクゼーションサロンは少ないという現象があり、ほぼ独占的に利用されます。

 

 

 

③地域共通クーポンの取扱店舗になるには?

 

地域共通クーポン取扱店舗登録希望事業者の方へ」から登録が出来ます。

 

しかし、ヘッドミントがこれの登録をしようと思った理由が「申請してください」という紙がポストに入っていたからです。

 

恐らくこれは「日本リラクゼーション業協会」に加盟している事が理由だったと思われます。

 

かなりしっかりした協会で、本来の目的は施術事故が起こった際の保険として加盟しようと思ってたぐらいです。

 

登録申請を進めていくと、どの協会に加盟しているか?みたいな項目があり、プルダウン式で選択する様になっています。

 

その中に日本リラクゼーション業協会というのがあった為、すんなり進めましたが、どこの協会にも所属をしていないと、もしかしたら取扱店舗になれない可能性があります。

 

 

ドライヘッドスパのスクール生募集

 

名古屋の「日本ドライヘッドスパスクール協会」

 

 

 

店名 ヘッドミント
住所 愛知県名古屋市中区大須3-26-41 堀田ビル
電話番号 052-898-2509
営業時間 11時~23時(最終受付は22時)
定休日 年中無休
内観
外観
動画

 

The following two tabs change content below.
「株式会社じむや」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」3社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。