名古屋市中区大須 ドライヘッドスパ(頭のほぐし専門店)

ドライヘッドスパ専門店で業務委託の募集が少ない理由

目次

①ドライヘッドスパ専門店は何故、業務委託の募集が少ないのか?
②すぐに辞めるセラピストが多い
③売上が安定しているから固定給で採用した方が利益が出る

 

 

 

①ドライヘッドスパ専門店は何故、業務委託の募集が少ないのか?

 

リラクゼーション業界は基本的に業務委託が主流で、だいたい何処のサロンも正社員・アルバイト・業務委託でのスタッフ募集が行われております。

 

しかし、ドライヘッドスパ専門店だけで見ると業務委託での募集は他のリラクゼーションと比べてもかなり少ないです。

 

実際にドライヘッドスパ専門店ヘッドミントでオーナー 兼 人事担当で成長してきた経験でその理由を教えたいと思います。

 

 

 

②すぐに辞めるセラピストが多い

業務委託はすぐに辞めるので、常に採用と人材育成に時間を取られます

 

セラピストを募集しようと思ったときに、費用対効果が一番優れているのが「リジョブ」という求人サイトですが、月額数万の費用がかかり、さらにそれなりの経験者を採用すると10万前後の成果報酬が発生しますのですぐに辞められるとサロンも非常に困るので、業務委託は募集していないところが多いのです。

 

それから、業務委託者は自分が施術した分が給料として反映されるので、固定給のスタッフよりも向上心があると言われておりますが、「質の良いスタッフ」という点においては固定給のスタッフの方が数倍質が良いです。

 

ここで言う質の良いスタッフというのは、サロンに貢献しようと考えてくれている協調性のあるスタッフの事です。

 

良い意味でも悪い意味でも業務委託のスタッフは野心や闘争心があり、ドライヘッドスパ専門店のスタッフとしてはあまり好ましくありません

 

業務委託希望で何人も面接をしてきましたが、伝わるのは「技術を盗みたい」という1点のみです。

 

ヘッドミントがオープンしてから100人ぐらい面接しておりますが、何人も面接して採用して辞めていくスタッフを間近で見ていれば、だいたいどんな人材を採用すればいいか分かってきます。

 

それゆえ業務委託での募集は少ないのです。

 

 

 

③売上が安定しているから固定給で採用した方が利益が出る

 

実は先ほど書いた事以外に、ドライヘッドスパ専門店は人気のリラクゼーションなので、基本的にドライヘッドスパ専門店として出店すれば、赤字になる事はあまりありません。

 

ある程度売上も上がるので、わざわざ歩合にして利益を減らす事はしないですよね。

 

逆に言えば、業務委託で募集しているドライヘッドスパ専門店は売上が安定していないので募集している可能性があります

 

私の知り合いで60分3000円のもみほぐし店を経営している人がいますが、固定給で雇うと赤字になるから雇えないと言っておりました。

 

なので、ドライヘッドスパ専門店の中でも繁盛店とは言えないサロンである可能性もあります。
そうなるとドライヘッドスパの技術を盗すんでも意味のない技術になりかねません。

 

ドライヘッドスパも近年注目されだしたリラクゼーションなので、確立した技術がまだありません。

 

 

ドライヘッドスパのスクール生募集

 

名古屋の「日本ドライヘッドスパスクール協会」

 

 

 

店名 ヘッドミント
住所 愛知県名古屋市中区大須3-26-41 堀田ビル
電話番号 052-898-2509
営業時間 11時~23時(最終受付は22時)
定休日 年中無休
内観
外観
動画

 

The following two tabs change content below.
「株式会社じむや」「ヘッドミント」「日本ドライヘッドスパスクール協会」3社の代表取締役社長 コンパクト起業を提唱、1人で経営した株式会社じむやを3年で年商7000万にし、その後年収5000万円を超える。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントを立ち上げ、2カ月で黒字にする。